イスラエルの入国制限

最終更新日:2021.10.08

※下記の内容は更新日時時点のものです。
※各国・地域の動向は日々変動しております。
 急な渡航条件の変更もありますので、最新情報は各大使館や外務省等、公的機関のサイトをご参照ください。

▲日本から渡航否可

一般不可
※非イスラエル人・非永住者のイスラエル入国に関しては、一定の条件で例外的に認められています。
イスラエル経済産業省は、4月11日から、日本を含む第三国のビジネス関係者のイスラエルへの短期渡航のうち、経済的観点から緊急性の高いものについて限定的に入国申請の受付を再開することを発表しました。具体的には、新型コロナウイルスワクチン接種証明書又は新型コロナウイルスからの回復証明書を所持する方が、イスラエル側の受入企業を確保した上で、その訪問の目的がイスラエル国の経済的観点から重要であり、かつ、緊急性のある場合に限り、入国申請を行うことが可能となります。
詳細はこちら
日本・第三国からイスラエルへのワクチン接種済みビジネス関係者の短期渡航受入れの限定的再開について

▲現地回線の電話番号(検疫目的)

オンライン・クリアランスに電話番号が必須ですが、海外の電話番号も入力可能です。

▲PCR陰性証明書

必須
イスラエルに向けて滞在国を出発する前72時間以内にPCR検査を受検し、陰性証明を取得する必要があります。
入国時及び入国日から7日目にPCR検査を受検する

▲健康・入国申告

必須
※イスラエルに向けての滞在国出発前24時間以内には、オンライン・クリアランスを実施する必要があります。クリアランスのデジタルデータまたはハードコピー(できれば両方が望ましい)を保管し、空港入構、航空便搭乗、乗換え等の際、提示を求められます。
Inbound passenger clearance詳細
https://www.gov.il/en/service/request-entry-to-israel-covid19
送信フォーム
https://corona.health.gov.il/en/flights/

▲追跡・申告アプリ

あり
HaMagen
israel.png

ホームページ:

https://govextra.gov.il/ministry-of-health/hamagen-app/download-en/

▲隔離

隔離あり
新型コロナウイルス・ワクチン接種を完了していない場合、入国後、14日間の隔離が求められます。
7日目に2回目のPCR検査を受けて陰性であれば、保健省からの短縮承認の連絡を待つことなく隔離を終了することができます。
イスラエル国外でのワクチン接種者で、2回目の接種から7日以上経過している場合は、保健所認定の研究所で血清(抗体)検査を受け、同結果が陽性の場合、隔離の免除を申請することができます。

▲商品ラインナップ

イスラエルで利用可能なワイホーのラインナップはこちらから
https://www.wi-ho.net/country/israel-wifi.html

※ご注意
Wi-Ho! Bizで既に法人契約を結んでいるお客様は契約済みの専用プランをご利用ください。

▲詳細

在イスラエル日本国大使館ホームページ

イスラエル当局による新型コロナウイルスへの対応等に関する情報提供 8/20

日本・第三国からイスラエルへのワクチン接種済みビジネス関係者の短期渡航受入れの限定的再開について(2021/4/14)