台湾の入国制限

最終更新日:2021.09.14

※下記の内容は更新日時時点のものです。
※各国・地域の動向は日々変動しております。
 急な渡航条件の変更もありますので、最新情報は各大使館や外務省等、公的機関のサイトをご参照ください。

▲日本から渡航否可

一般不可
2021年5月19日0時から、台湾の有効な居留証を所持しない非台湾籍者の入境をしばらくの間停止し(台湾の在外事務所に特別入境許可を申請し、既に査証を得ている者も、同期間中の新規入境は認められません。)、及び台湾におけるトランジットを全面的にしばらくの間停止しました。

▲現地回線の電話番号(検疫目的)

必須
※入境檢疫システムでは台湾の連絡先携帯電話番号の登録が求められます。
隔離期間中は毎日、台湾CDCから携帯に送られてくる体温と体調不良の有無のショートメッセージへの返信をしなければなりません。

▲PCR陰性証明書

必須
搭乗前3営業日以内のPCR検査陰性結果報告書(英文)が必要です。
検査証明の形式については、任意の様式で構わないが、以下の内容を英語で記載したものが必要です。:個人の情報(パスポートに記載された氏名の他、パスポート番号或いは生年月日)、検査内容(COVID19或いはSARS-CoV-2)、検査法「PCR、Real-Time PCR、RT-PCR、RT-qPCR (Quantitative Reverse Transcription PCR)、NAA(Nucleic acid Amplification)、NAAT(Nucleic acid Amplification Test)、NAT(Nucleic acid Test)、LAMP(Loop/Mediated isothermal Amplification)或Molecular Diagnostics」、検査結果(Negative或いはUndetectable)、検体検査日、報告日及び医療機関の情報。報告書の使用言語については、原則中文または英文。
※上記に加え、入境時のPCR検査、在宅検疫10日~12日の家庭用検査キットでの検査、在宅検疫12日~14日のPCR検査を実施が求められます。

▲健康・入国申告

必須
※スマートフォンで「入境檢疫系統(https://hdhq.mohw.gov.tw/)」へ事前登録(システムには出発の48時間前より登録が可能)が原則全員に求められます。

▲追跡・申告アプリ

なし
※現地回線の電話番号で、毎日SMSにより健康状況と居場所を確認します。

▲隔離

必須
日本から入境後、防疫ホテルまたは集中検疫所(自費)に14日間宿泊し、検疫期間終了前にPCR検査を実施しなければなりません。

▲商品ラインナップ

台湾ワイホーのラインナップはこちらから
https://www.wi-ho.net/country/taiwan-wifi.html

※ご注意
Wi-Ho! Bizで既に法人契約を結んでいるお客様は契約済みの専用プランをご利用ください。

▲詳細

台北駐日経済文化代

新型コロナウイルスに関する注意喚起: 台湾入境時の検疫措置の強化(自宅での在宅検疫の不許可、検疫終了前のPCR検査等)(6月27日~)

【VISA申請者必読】【7/26発表】【入境制限措置(継続中)とVISA申請予約について】