【海外出張者向け】中国本土の入国制限最新情報(2022年4月6日更新)

目次



最新の中国本土の入国条件は?

2022年4月6日現在、中国本土への旅行や出張は中国政府が入国を認める居留許可あるいはビザを所持している場合、可能です。
ただし、入国には条件や必要書類がございます。詳しくは各項目をご確認ください。


入国制限・渡航条件

PCR検査陰性証明書やワクチンパスポートは?提出物一覧

日本から中国本土へ直行便で渡航する場合、交差PCR検査「健康コード」が必要です。渡航前のチェックイン時に利用航空会社が確認を行い、不備があると搭乗拒否となりますので、ご注意ください。

① 交差PCR検査

交差PCR検査とは、航空機搭乗3日以内に2つの指定検査機関で24時間以上間隔を空けて行う2回のPCR検査のことです。

なお2022年1月19日より、下記2点も追加されます。

②健康コード

健康コードとは、自身の登録内容や行動履歴等のデータから、新型コロナウイルスに感染している可能性を「緑」・「黄」・「赤」に分類して表示するアプリです。
搭乗予定日1日前 20:00までに、健康コード申請書類のアップロードが求められます。
申請方法はこちらをご確認ください。
なお、健康コードの申請時には電話番号が必要です。詳しくは次の項目をご参照ください。

アプリや電話番号は必要?スマートフォンの準備ガイド

中国本土では、健康コード申請時に「Wechat」中国現地電話番号が、インターネット利用時に「中国VPN」が必要です。必ず準備してから、出国しましょう。

①追跡/申告アプリ

必須
健康コード申請時にWeChatが必要となります。

②中国本土で使える電話番号

必須
入国後の行動制限措置として、国内各地で移動する際に「省の健康コード」への登録が必要となっています。各地の健康コードの取得には、各個人ごとに「中国現地の電話番号」を通した登録が必要です。

法人のお客様はテレコムスクエアの「中国用スマートフォンレンタル」がおすすめ

中国現地電話番号とインターネットを利用する法人のお客様は、テレコムスクエアの「中国渡航用スマートフォンレンタルサービス」をご検討下さい。

中国政府は携帯電話の実名制利用の規制を強化しており、中国外の企業が電話番号を新規取得するのは非常に困難です。

テレコムスクエアでは、中国大手の通信事業者より正規のルートで調達した通信回線を提供しています。また、実名登録済みのSIMカードは使いまわしをしていませんので、安心安全にご利用いただけます。

詳しくは下記ページ「Wi-Ho!Biz|中国現地電話スマートフォンレンタル」をご覧ください。

中国スマホバナー.png

③インターネット環境

新型コロナウイルスの影響で急な連絡や情報収集が必要な場面は多くなっています。ホテルやフリーWi-Fiスポットだけではなく、スマートフォンやタブレットを海外で安心してご利用いただくには、いつでもインターネット接続が可能な海外WiFiレンタルがおすすめです。

中国本土で使える海外WiFiレンタルならテレコムスクエアの「Wi-Ho!」がおすすめ

また、国内では政府の規制により、Line、FacebookなどSNS、ブログ、Gmail、一部の検索機能はご利用することができない場合がございます。「中国VPN」をご利用いただくことで、中国国内で合法的にパソコンやスマートフォンで安心・安全にSNSなどがご利用いただけるようになります。

中国本土で使えるVPNならテレコムスクエアの「中国VPN」がおすすめ


隔離期間

14日間の集中隔離に加えて、数日間の自宅隔離(各省と市により規定が異なる)が求められます。
代表的な都市別施策は、以下の通りです。

【北京】

  • 21日間の隔離(14日間の集中隔離後、7日間の自宅隔離または集中隔離)
  • 7日間の健康モニタリング

【上海】

  • 21日間の隔離(14日間の集中隔離後、7日間の自宅隔離)
  • 毎日朝晩2回の自己体温測定
  • 6回の核酸検査


【瀋陽】

  • 28日間の隔離(21日間集中隔離後、7日間の自宅隔離)
  • その後28日間の健康管理(不要の外出を控える)
各省・直轄市・自治区の詳しい行動制限は、こちらをご確認ください。

日本帰国時の隔離期間

①入国前

全ての国・地域から入国される全ての方には出国前72時間以内の検査証明を取得することが必要です。
中国本土で厚生労働省が定めるフォーマットに基づく新型コロナウイルス検査証明書を取得できる検査機関はこちらをご確認ください。

②入国時

  • PCR検査陰性証明書の提出
  • 誓約書の提出
  • 質問票の提出
  • 必要なアプリの登録・利用

③入国後

入国の次の日から起算して7日間の公共交通機関不使用、7日間の自宅又は宿泊施設での待機、位置情報の保存、保健所等から位置情報の提示を求められた場合にはこれに応じます。

※入国時・入国後について詳しくはこちらのページをご確認ください。



最新情報の確認方法

各国・地域の渡航条件は日々変動しております。
急な渡航条件の変更もありますので、最新情報は「在中国日本国大使館」の"【随時更新】新型コロナウイルス感染症について(情報一覧)"をご確認ください。