【2021/2/3-2/9】 世界の新型コロナウイルス対策情報

corona-update.jpg

※下記の内容は更新日時時点のものです。
※各国・地域の動向は日々変動しております。
 急な渡航条件の変更もありますので、最新情報は各大使館や外務省等、公的機関のサイトをご参照ください。

世界

2/9時点で、世界の新型コロナ感染者数が1億629万人を超えました。

日本

2月3日にコソボとトルコが、2月5日に韓国とタンザニアが、2月8日にカタールが、日本政府の定める検疫強化の対象国・地域となりました。これに伴い、帰国・入国者は、出国前72時間以内の検査証明書の提出、空港検疫での検査、14日間の公共交通機関不使用と自宅・宿泊施設での待機と位置情報の保存等に関する誓約書の提出が求められます。検査証明書や誓約書の提出ができない場合、検疫所が確保する宿泊施設にて3日間待機し、再検査となります。

フィリピン

2月16日から、フィリピン政府はフィリピンへの入国が許可される外国人の対象を、以下のとおり拡大します。

①2020年3月20日時点で発行済みであり、入国時に有効であるビザを持っている外国人。
②既存の有効な特別居住退職者ビザ(SRRV)又は9(A)ビザを保持し、フィリピン到着時に入国管理局に入国免除文書(フィリピン外務省(DFA)又は駐日フィリピン大使館にて入手)を提示できる外国人。

また、フィリピンへの入国を許可された全ての者は、以下の条件に従う必要があります。
①認定された検疫ホテル/施設で少なくとも6泊分の事前予約を行うこと。
②到着日から6日目に検疫ホテル/施設でのPCR検査を受けること(到着日を1日目として数える)。
なお、入国日・入国空港による入国客最大受入人数にも左右されます。

フランス

2月3日現在、日本を含め欧州域外からフランスに入国するためには、下記の書類の提出が必要です。
①国際移動理由証明書
②フライト前72時間以内のPCR検査陰性証明書(11歳以上のみ)
③7日間の自主隔離及び終了時のPCR検査実施等に関する誓約書
④やむを得ない理由を説明できる書類

①と③は下記サイト(フランス内務省)からダウンロードが可能です。
https://www.interieur.gouv.fr/Actualites/L-actu-du-Ministere/Attestation-de-deplacement-et-de-voyage

チェコ

チェコ政府は、日本を最も感染危険が高い「最感染危険国」に指定しました。これにより2月5日から、日本からの入国は原則禁止となります。ただし、チェコおよびEU諸国の長期査証・長期滞在許可・永住許可・2020年5月11日以降に発給された短期滞在査証等のいずれかを持つ場合、下記条件のもと例外として入国を認められます。
①入国前の電子版入国フォーム(https://plf.uzis.cz/)の記載、提出
②出国前48時間以内のPCR陰性証明書の入手、所持
③入国から5日目以降に2度目のPCR検査受検
 (陰性結果を保健所に提出するまでは、自己隔離)
④入国から10日間、FFP2・N95等の特殊マスクの着用

なお、日本外務省は、引き続きチェコを「感染危険レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に指定しています。

ルクセンブルク

2月8日から、ルクセンブルク政府はEU理事会勧告を受け、入国可能な国のリストから日本を除外します。これにより、日本からの渡航者は必要不可欠でない渡航を除き、ルクセンブルクへ入国できません

ギリシャ

2月8日から、EU・シェンゲン協定加盟国に滞在許可を持っている場合、EU・シェンゲン協定加盟国民や家族の場合、事前に各地のギリシャ大使館・領事館で査証を得た場合などの例外を除き、日本からの渡航者はギリシャへの入国が原則拒否されることになりました。

オランダ

2月2日から、日本はオランダへの入国が認められる安全な国リストから除外されるため、原則渡航不可となります。なお、例外的に入国が認められている方は、2月4日よりPCRの陰性証明と搭乗4時間前以降に受けた迅速検査の陰性証明の提示が求められます。

また、2月5日から、KLM航空KL862を利用する場合、成田空港ターミナル2の検査場で搭乗4時間前以降の迅速抗原検査が受けられます。予約制のため、下記電話番号までお問い合わせが必要です。

℡:+81(0)476-34-6807

フライト当日、空港クリニックに午前7時までに到着し、午前10時頃検査結果と陰性であれば陰性証明書を成田空港ターミナル1のKLMカウンターあたりで受け取ります。結果が陰性の方のみ、その後チェックイン手続きに進むことができます。
関西空港発KLM航空KL868を利用する場合は、空港のKLMカウンターで迅速抗原検査を受けることができます。その際、出発時間の3時間半以上前に空港に到着する必要があります。